外壁塗装の作業工程(新潟市施工事例あり)

外壁塗装と屋根塗装の作業工程をご紹介します。

① 足場架設
井上塗装 足場架設

足場架設のイメージ

外壁塗装をする前に安全性の確保と施工品質を維持する為に足場架設を設置します。その際、周りに塗料が飛び散らないように飛散防止ネットなどを張る場合もあります。

井上塗装では足場架設をする場合、専門業者と連携することで安全第一とした足場の確保を実現しています。
② 高圧洗浄/下地処理
井上塗装 高圧洗浄

高圧洗浄のイメージ

高圧洗浄とは建物に付着しているほこりや汚れ、苔などを協力な水圧で洗い落とします。この作業は外壁塗装工事では絶対に欠かすことのできない作業の一つです。

外壁や屋根は毎日の紫外線や雨風・排気ガスなどの汚れた空気にさらされているため、長い年月の経過と共に耐久性の劣化は逃れられません。劣化すると塗料が剥がれやすくなります。

塗装・防水を施工する際、元の地面の補修工事の凹凸や亀裂などを削ったり埋めたりします。

高圧洗浄/下地処理は塗装前に汚れを落とす目的もありますが、古くなった塗装のひび割れなどを完全に除去し、旧塗膜の劣化を修復することで塗装後の劣化(耐久性)にも強くなることを目的としています。

そのため高圧洗浄は下処理として必要不可欠な作業となります。

③ 養生

井上塗装 養生

養生作業とは外壁塗装作業を行う際に、窓やサッシなど塗らなくて良い所をビニール・ナイロンやガムテープ・養生テープ等で塗装で汚れないようにカバーすること。

④ 塗装
井上塗装 塗装

外壁塗装イメージ

「塗装」の工程の中でも大きく分けると「下塗り」→「 中塗り」→「上塗り」の3工程があります。塗りの回数は下地の種類や外壁の劣化の状態により異なります。

下塗りは上塗材の密着を良くするための工程

中塗りは上塗り1回目とも言われており、状態によってはこれが仕上げとなる場合もあります。

上塗り(塗り3回目)が最も多いと言われている塗りの回数です。この工程をしっかりと作業することで、仕上げの綺麗さや塗装の性能(耐久性)を発揮させることができるのです。

お見積もりご相談などお気軽にお問い合わせください 。
☎︎ 070-3961-9127 
(午前8時〜午後19時)
dou.inouetosou@docomo.ne.jp